読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は長い一本道、、、路線バスで行ければいいのに

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIEとメキシコ映画パラドクスを観た。

バスの旅は面白かった。

しかし、映画にする必要があったのだろうか。

舞台が台湾と外国になっている点は、豪華といえば豪華だが、内容は通常と全く変わらない。

TV放映をみていないのでおそらく、通常は数回にわけて放送するのを、1回約2時間にしただけではないか。

私のようにレンタルでみるなら文句はないが、冒頭で蛭子自身が言っているように

これ、1800円出してみるかなあ?

という感じだった。

 

パラドクスは非常に面白かった、が個人的な理由でわからないところがあった。

個人的な理由とは、私は東南アジア人以外は、顔と名前の区別をすることが苦手だということだ。特に映画俳優などはそうである。

終盤に丁寧なネタの解説があるのだが、なんとなくしかわからなかった。

そこで、見おわってからネタバレサイトをみた。

昨日まで読んでいたバリ島物語でも、しょっちゅう登場人物一覧を見返していた。

漢字を使わない名詞は視認性が低いなあ。