読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味のある本が出る。

ただ、それだけのことだが、もう少し頑張ろうという気になる。

期待しすぎると、はずしたときショックが大きくなるが、まあ大きくはずすことはないだろう(と信じたい)。

中公新書の黒田龍之介の本と「六国史」が楽しみだ。

それから岩波新書にも気になるのがあるが、著者に疑問がある。だから読もうかどうしようか悩んでいる。

岩波文庫の方の「漱石追想」は気になるが、これを読むなら、もっと先に読むものがありそうだ。

いずれにしても厄介なことだらけだが、少し楽しみがある、そう思うようにしよう。

広告を非表示にする