メモ

漢文を読むとき、頭の中では日本語が響いてる。時として無音の状態もあるが。

まして書くときは日本語で文を組み立てている。

そうすると漢文は、つまり、日本語である。決して中国語ではない。

むろん漢文が中国語の文語であることを否定しているわけではない。

元来、徹頭徹尾外国(現代的な意味での国ではないが、ほかに適当な言葉がみあたらない)のものであった。

 

中国語の口語や、漢文教育について様々な意見が出されているが、まずは上記のことは心に留めておく必要があるかと思う。

広告を非表示にする