読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏目金之助なら何と言うか?

割とよく、英会話を教えてほしい、と頼まれることがある。

そのたびに、何を教えればいいのかわからなくて困っている。

そりゃ僕でも「英語」を教えることは、レベルが低くてもいいのなら、可能である。

しかし、「英会話」とはどんな人と、どんな内容を話すのかによって変わってくるではないか。

一つの特徴的な事例として、

日本の英語教育はあいさつから間違っている。How are you?は論外でHelloやHiでさえ使わない。本場アメリカではWhat's up?というんだよ。

と言った人がいる。

もちろんこれは、時と場合を選べば成り立つが、少しでも礼儀が必要な場面では成り立たない。

こういうことを平気でいう、言語教育について1ミリも考えたことのないネイティブの的外れな意見と、そういうネイティブの意見に疑いもなく賛成してしまう日本人をみるにつけ、なるほど英語が身につかないわけだと思う。

さて、冒頭の英会話というのが、英語で会話することであるなら、相手も内容も想定できない以上、一番手っ取り早いのは、辞書(今ではスマホですぐ辞書アプリやネットに繋げることができる)をひきつつ話せばよいことだろう。そうすれば文法的礼儀的にはともかく単語を並べてのブロークンな英会話を楽しめるだろう。