拳王親衛隊

帰宅する時、路地を曲がったら子供達が3人走っていた。
路地いっぱいに広がって走っているので、おれは当然ゆっくりと彼らのあとをついていくことになる。
みようによっては、車に追われて子供達が逃げているようにも見える。
そう気づいた瞬間に、「拳王様のために道を空けろ!!ヒャッハー!!」な気分になったとさ(笑)

 

「ピダハン」を読み始めた。

広告を非表示にする