牛歩

「棺屋」x6suke、講談社シリウスKC。

作者はペケロクスケと読む。各話読み切り形式。

棺を背負った棺屋、棺屋棺九郎とあの世(ってものがあるとすんなら)その玄関みてーなもん、アビスが毎回でてくる。

2人が動く死人を回収して回るというストーリー。

ありがちではあるが面白くよめた。

 

ここ三日ほど站椿もどきをはじめている。

まだ微妙なところだが、やり始めてから若干こころよい感じがする。

もう少し続けてみようかな。

 

0930から水道管の工事。

途中で水道管に詰まっている錆をみた。管の約3分の1が錆。箇所によってはもっと詰まっているであろう。

1630に終わる。貯水タンクにいかず、直結している。

水を止めているのにメーターが回っている。工事前よりはゆっくりだが。調べるとトイレのタンクが水を止めきれてない。

不動産屋にこの旨を伝えるように、水道屋に言われる。彼らからも伝えるとのこと。

1700に不動産屋来る。工事の跡を確認して写真を撮っていった。

トイレについても確認してもらった。大家に伝えて、また連絡するとのこと。

 

Q.E.D.第50巻とC.M.B.第28巻を買う。

もう50巻か。

広告を非表示にする