連想

書経尚書)の泰誓篇に

撫我則后(我を撫すればすなわち君)

とあった。

優しくしてくれる者が君主という意味だ。

 

沖縄の

物呉ゆ者ど我が御主

を思い出した。

これは第一尚氏が皆殺しにされ、第二尚氏に王統が移ったときに、発せられた言葉だという。しかし、これは中山世鑑にも蔡鐸の中山世譜にも見られない。

恐らくは芝居か何かのセリフなのだろう。そしてそのセリフを発したのは鶴髪の翁(この人物は世鑑にも世譜にも現れる)であろう。

 

当時の琉球でも知識人はきちんと四書五経を読んでいることは、世鑑や世譜に易経書経、韓詩外伝などが引用されていることからもわかる。

ならば「物呉ゆ者ど我が御主」は「撫我則后」を翻訳したものではないだろうか。

広告を非表示にする