東京帰り

参加した研修会は非常に有益なものであった。

 

高島俊男の、お言葉ですが 別巻7「本はおもしろければよい」を買った。

これで最終巻だそうだ。以後はブログで、ということだが寂しい。

いやこの別巻7だってほとんどがブログに書かれていた。

ソフトカバーでいいから本として出版してほしい。

 

いまだに傷は癒えず、膿は出続けている。

広告を非表示にする