読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古事記上巻

古事記上巻を読んだ。

上巻は神代の話。いわゆる日本神話が書いてある。

鵜葦草葺不合命(うかやふきあへずのみこと)の生誕までだ。

実際には鵜葦草葺不合命が四柱の神を生み、そのうち1人は常世国に、1人は海原に亙っていったところまでだ。

鵜葦草葺不合命の子供には神倭伊波礼毘古命(かむやまといはれびこのみこと)つまり神武天皇がいる。彼は当然、中巻で大々的に扱われている。

海幸彦と山幸彦こと、火照命火遠理命の間には名前しか伝わらない火須勢理命や、造化三神天御中主神、そして三貴神月読命など名前しか出てこない神を、河合隼雄は「中空構造」と呼んだ。

書き下し部分を音読みしているが、なかなかに読みづらい。

広告を非表示にする