読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画版はすべて観おわりました。

レッド・ドラゴン レクター博士の沈黙(刑事グレアム 凍りついた欲望が改題された)を観た。

再映画化されたレッドドラゴンとは味わいが違う。

こちらは86年の映画(再映画化されたレッドドラゴンは2002年)。

またレクター博士は本当に脇役であった。脇役といっても全く目立たないわけではない。ドラえもんスネ夫ジャイアンクラスというか、スネ夫出木杉の間というか、その位の脇役。

原作小説を読んでいないのでわからないが、そこではレクター博士はどんな扱いなのだろう。

 

ドラマ版のハンニバルも観はじめた。

ハンニバル役が若すぎるのと、顔のつくりがサイコパス的な感じより、冷酷冷血な感じをうける。まあ、印象と慣れの問題だろう。

ハンニバルといえばカルタゴから、ハンニバルといえばレクター博士にしてしまったキャラクターだ。

考えてみればスゴイものだ。