読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニバカニバで日が暮れる

マンガ「辱 にく」を買った。

ネット雑誌に発表していくスタイルで、第一話(収録話では第0話)がネットで話題になり、原稿を訂正して発表しなおしていた。

グロとか残酷(カニバもあり)ということだったはず。

 

帯には

 

さぁ、解体を始めましょうーー

 

0話公開から圧倒的注目を集めた

マンガワンで大人気の猟奇ホラーが遂に単行本化

 

とある。

読んだ感想は、うん。まあ、確かにグロいしカニバで残酷(人間を解体している)。

絵柄もわりに好きだ。しかし、何か物足りない。

それは結局、話題になったカニバしか描かれていないからだ。

もしかしたら続刊があるかもしれないが、この巻では

なぜ山奥の村で(恐らく連綿と)カニバリズムが行われているのか。

近隣との関係はどうなっているのか。

儀式の意味は?

などの疑問は何も説明されていない。料理で言えばただ刺激が強いだけで、非常に大味だ。

カニバリズムではないが、似たようなテーマの籠女の邑と比較してしまう。

続きは、一度試し読みがしたい。