Puputan

バリ島物語を読み終える。

最後の終末(ププタン)の描写は胸に迫るものがあった。

バドゥン王国の終焉の哀しさがたまらなかった。

しかし反対に読後感は狐につままれたように虚無に包まれた。

理由は、戦後のパックの家庭描写があることだ。

もちろん現実世界は誰かが亡くなっても、または国など政権がなくなっても、そこにいる人間の営みは続くわけである。

そこに2つの意味で虚無感に囚われる。

この2つを明文化することは難しいが。

 

あとがきや解説を読んだら、また少し感想が変わった。

個人的には変わってほしくない方に。

いずれにせよ、このタイミングで読むことができて良かったことは間違いない。

広告を非表示にする