読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当時の角川はすごかった

98版のサイレントメビウスをインストールし、デモ画面をみた。

CG画面が現われ、あのFM音源(さすがにPCMではないと思う)が鳴ったとき、

なつかしさと共にあの時のゲームに対するワクワク感がよみがえった。

いやMSXじゃないから、厳密にはサイレントメビウスはなつかしくない。

しかし、当時のパソコンをとりまく状況を思い出したのだ。

 

オリジナルのゲームは90年発売。

デモ画面でもでているが、ゲームの舞台は2026年の東京。

発売当時は36年後なんて遙かな未来であった。

しかし、2016年現在、むしろ2026年はたったの10年後、発売された90年は26年も前のことだ。

値段も14800円。バブル末期だからか、強気な値段だ。

ちなみに今回の復刻版は9801円。恐らく9801版にちなんでの価格ではあろうと思うが、オリジナルの約3分の2だ。

 

パラパラとウィキペディアをみて、

禁断のパンセがテレビ版サイレントメビウスのオープニングテーマだったことを知った。