読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューティ・コップ

28日夜、正確には29日の初め、寝付けなくて「キューティ・コップ」を観た。

ドジ刑事が参考人と逃げるロード・ムービー。

刑事の方は女性らしくない、いわゆるモテない仕事バカ。ただし、仕事もクソ真面目でうまくは行っていない。

参考人はマフィア組織のナンバーツーの妻。コロンビア人でまあ見た目も派手で頭が軽い、という設定。しかし、実は頭の回転はいい。

クーパー役はリース・ウィザースプーン。リヴァ夫人役はソフィア・ベルガラ

特に目新しいことはなく展開もある程度予想できるが、90分弱で気楽にみることができる。

爽やかな視聴感であった。佳作。