読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二番煎じと藪の中

ガタカとペットセメタリー2をみた。

ガタカは、、遺伝子による優性論的な世界観は面白い。

しかしいまいちストーリー自体にのめりこめなかった。

ペットセメタリー2は、1に比べて駄作の評価も多いが、なかなかどうして好きだ。

確かに前作にあったような哀しみはなくなって、とにかくやたら死んでは甦らせる印象をうける。最後の母親がジェフに一緒にいるように懇願する場面で、dead is betterと叫んでいるのは悲しいが面白かった。

 

湊かなえの「贖罪」を読んだ。

さすがイヤミス(読んでイヤな気持ちになるミステリー)の女王。

藪の中形式である。

そのため客観的な事実というか、物語の全体を俯瞰することができない。

それがまた現実の事件(の当事者)と同じように感じられた。

しかも各登場人物の手記は、ある時点での記述でしかない。つまり手記が書かれた以後のことはわからないのだ。

井上靖後白河院を読み返したくなった。が、湊かなえの他の作品から読んでみよう。

広告を非表示にする