読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAL123とICU

御巣鷹山にJAL123便が墜落してから31年が経つ。

それは、自分がICU(集中治療室)からでてから31年が経ったということでもある。

その意味で今日は自分にとって大事な日だ。

しかしこれを他人にも、大事な日だから忘れるな、と強要しようとは思えない。

といって、強要するな、と強要するのも変なはなしだ。

まずは思いを致そう。

 

昨日が初の山の日であった。

ある意味で事故によって有名になった御巣鷹山(と日航機事故)に焦点があったように思えた。

広告を非表示にする