読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がっかりとは違うが何がちがうかというと、、、

数日前に、アン・ハサウェイのマイ・インターンを観た。

シリーズものではないが、やはりアン・ハサウェイプラダを着た悪魔の続編のような感じもするし、アンハサの立場を裏返しにしたようでもあった。

スルースのマイケル・ケインみたいな感じか、などと思っていた。

2時間楽しくみていたし、面白い映画だなあと思っていた。

しかし、感想を書いてみたら、まあアンハサ演じる社長の悪口ばかりであった。

さらにはプラダのアンハサの演じるお姉ちゃんにまで悪口が !!

ああいう女が嫌いな自分に気付いた。

さすがにアップできない。

似たような役柄を演じているのに、サンドラ・ブロック演じる女性は嫌いじゃない。何がちがうのだろう?

 

アルスラーン戦記15 戦旗不倒を読んだ。

13巻あたりまでは楽しく読めたが、14巻は伏線の回収にかかったと思った。

今回はさらにエンディングにむけてそれに拍車がかかっていた。

なんというか、殺せばいいというものではないし、やたらと不吉なフラグをたてればいいというものではない。

やはりマヴァール年代記が最高ということか。