哀しきパタリロ

パタリロ95巻を読んだ。

最近、パタリロの新刊を読むと悲しくなってくる。

死に際の病状みたいなもので、回復したとしても結局は悪くなっていく。

躁鬱病のテンションのようなもので、波打ちながら結局右下がりのグラフになる。

最近の巻のなかでは面白かったが、40~60巻くらいの全盛期には言うに及ばず、70巻台にすら面白さではまったく比べられない。

何より、バンコランやマライヒなどサブキャラクターが出なくなって何巻になるだろうか。

続いていること自体は嬉しいが、延命しているようでいたたまれない。

100巻を区切りとして終わってもいい気もする。

広告を非表示にする