読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大魚 脚色好きな父の物語

ビッグフィッシュを観た。

ストーリーは、、といわれると困る。

書けないわけではないが、もろに全てを書いていくことになりそうだ。

かといって、父子愛のようなものは何か違う気がする。

だまされたと思ってみてほしい、というものだ。

劇中気になったのは、主人公が戦争に行ったときの描写だろう。

劇中のアメリカはいったいどこと戦ったのだろう?

相手の国旗は北朝鮮に似、軍服は中国に似、書類の文字はハングル(訓明正音)でお抱えの芸人(女性版ベトちゃんドクちゃん)の使っている言葉は広東語だ。

恐らくはベトナム戦争なんだろうが、むしろベトナム要素が入っていない。

そもそも主人公の読んでいた本が、すぐ話せるアジア語会話、だから仕方ないといえばしかたないが。

現実のどこかを連想させないようにそうしたのかもしれないが、アジア観がおかしいからのような気もする。

スペクターが現実にない方が良かった気もするが、特にジェニファーだったかスペクターの少女についてそう思う。

 

意外なところで人が繋がっていることを知る。

 性格的にも状況的にもそれを話題にする気にはなれない。

用心する方がよかろう。

楚狂接輿を見習おう。

 

パタリロ95巻を買う。