読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主題歌は素晴らしくかっこいい

ガンダムXをみた。

視聴後の感じはZZガンダムに似ている。

いかにも少年マンガの王道のような主人公。最初はコミカルな路線から徐々にシリアスな路線になり、最終的には世界を救うことになる点、およびその後はまた主人公は市民としての生活に戻る点。ただし主人公以外はその限りではない、今作ではジャミルがその好例。

以上のようなことが、ZZガンダムとオーバーラップする。

割とあっさりとというか、爽やかにというか、終わった。

シリアス路線に切り替わる辺りが急ハンドルきった感もあるが、テンポよく進んだと思う。

ただし本作ではニュータイプが重要なキーワードとして出てきているが、最後の最後まで漠然としてはっきりしない。

最後のDOMEとの接触で一応ニュータイプとは、に対する解答がでる。しかし、それは禅問答みたいなもので、最終的にはニュータイプに対する執着や、ニュータイプなんて概念そのものを捨ててしまえというものであった。

視聴中ずっと思っていたが、ニュータイプという言葉に一番囚われているのは富野由悠季監督自身ではなかろうか。