我不是中国人

ここ最近中国人に間違えられる。

特に今日のは、自分の心に、強烈だった。

大型スーパーに併設のパン屋で買い物。お会計時に店員は二人いて、実際にレジ打ちするほうと商品確認するほうとだ。

最初商品確認のほうが、レジ打ちのほうに、170円が2点…なんて言っていた。そしてレジ打ちのほうが何かごにゃごにゃ言っていた。

まあ店員同士の会話だろうと思っていたら、レジ打ちが急に中国語っぽい言葉を使いだし、ついには

Do you have shopping bag ?

と言い出した。

慌てて日本人だし、日本語通じるよ、というと。

あ、帰化したんですか?日本語上手ですね。と。

元々日本人ですと言うと、

お仕事で来られたんですか?

なんてピント外れなことを。

挙句には、間違えられたの私たちがはじめてじゃないですよね?あちらの方々よりあちらの方っぽいですよ。などとのたまう。

 

間違えられること自体は少なくないので構わない、、、、構わないが、その間違えるのが当然じゃんみたいな態度には少し腹がたった。

 

ブログを書いていない間も映画を数本観た。

そのうち割とよかったものを列挙する。

96時間リベンジ、前作が力の1号ならこれは技(知恵)の2号

パニックルーム、デビット・フィンチャー監督の映画らしいっちゃらしい。携帯電話を取りに行くシーンが最高潮。

広告を非表示にする