読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御巣鷹山

本当は昨日の日付で書きたかったが、うっかりしてたら、寝てしまった。

 

昨日8月12日は、御巣鷹山にJAL123便が墜落した日だ。

1985年だからきっかり30年になる。

ちょうどその日に自分がICUから出た。

墜落とは直接的にも間接的にも関係はない。

しかし、同じ日に助かった命、散った命がある。

その象徴的なものとして気にせずにはいられない。

日航機事故以降、歯の治療痕から遺体の特定をするようになった。これは東北大震災で役に立った。他にも見直されたことや教訓は多く得られた。

むろん、役に立つ日がないほうがいいし、その代償は大きすぎる。

広告を非表示にする