読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸奥圓明流もかくありや

昼休みに寝ていた。起きたら昼休みが終わっていた。

寝ぼけながら仕事開始。

寝ぼけながらも仕事ができた。

うん。

靴屋の小人というべきか、武術の達人が無意識でも反応するようなものというべきか。

我ながら驚いた。

むろん、寝ぼけてるから記憶はない。

他の人から特に何も言われてないからたぶん仕事はこなせていたのだろう。

気をつかわれたのか?