頭の中をプチ整理

最近漢語について書いてある本を読んでいる。

この漢語は現代中国語ではなく、文言つまり俗にいう漢文だ。

 

まだ自分の中でまとまってないが、

文字が話し言葉を規定していくとすると、文字を使わない言語はどのようなものになるであろう。

また、その文字が表音文字表意文字での差異は。

買ってからしばらく経つがまだ読んでいない「ピダハン」にそのヒントがあるかも。

 

漢文は江戸時代の文人が読んでいたように、音声を介さずに読むのが正しいような気がしてきた。

広告を非表示にする