通院

今日は血液検査をした。

血管が細いためよく注射を失敗される。元々注射が苦手でもある。だから注射のたびに死ぬ思いをすることになる。

今日は血液検査のための採血と診察だけだ。

その採血の際に、3回注射された。一人目の看護師は失敗して、すぐに他の看護師に代わった。そうして来た看護師は1度失敗したときに信じられない発言をした。

「あら、できると思って甘くみちゃった。次は慎重にやるから」

耳を疑うとはこのことだ。そして続けて

「入院中の点滴はきちんと入ってましたか?」

さすがに口には出さなかったが、内心思った。お前以外の看護師がやってくれたから大丈夫だよ、と。

 

入院中は本当多くの看護師たちに世話になった。1人を除いて、みな素敵な安心感を与え頼りになる方たちであった。

その1人からは、その場しのぎの嘘はすぐにばれるし、専門知識がなくてもこいつダメな奴ということは伝わる、ということだった。以て他山の石としよう。

 

ともあれ、診察後入院していた科のナース・ステーションを訪れお菓子を渡してきた。入院中にいちばん元気をもらった看護師に渡せてよかった。退院時に勤務の関係でお会いできなかったので尚更だ。ただ当然ほかの方々には会えないわけで、、、まあ痛し痒しというとこか。

 

来週の採血は1回で出来る人に当たりますように。

広告を非表示にする