モンゼンかブンセンか

今日も腹をたてていた。

真剣にいつ辞めようか考えながら仕事をしていた。

 

岩波文庫に文選が全六巻で収録されるようだ。

まずは詩篇(一)。

入院中の無聊を慰めることにしよう。

月亮代表我的心

今日は職場でイライラ、、いや腹を立てっぱなしだった。

おかげさまで体調も悪化した。

何度も辞や退の字が頭をよぎった。

今でもよぎっている。

 

グーグルで知ったが、今日はテレサ・テンの(生きていれば)65歳の誕生日。

腹を立て続けだから、せめてテレサ・テンの歌でも聞こう。

広告を非表示にする

残念な日曜日

今日も残念なことがあった。

 

歯医者に行ってから、引きこもる。

バッド・バディを観た。とても面白かった。

エージェントウルトラにも似ているが、バイオレンス&純愛は素晴らしい。

難しいことは何も考えずにみることができた。

 

魔装機神Ⅲのシュテドニアスルートをクリアした。

これで全てのルートをクリアしたことになる。

さて、入院中には何をしようか。

広告を非表示にする

土曜

入院と手術の日程が決まった。

 

聖の青春を観た。

 

残念なことやイライラすることが多い日だった。

広告を非表示にする

こどもつかい

映画「こどもつかい」を観た。

清水崇監督。

ホラーではあるが、呪怨のような感じはしない。

ある意味では全くこわくなかった。

しかし、扱っているテーマ的にはなかなか考えさせられるものがあった。

滝沢秀明が男前すぎてお化けが似合っていない。

若干冗長ではあるが、そこを除けば面白かった。

広告を非表示にする

ガビーン

色々とショックなことがあった。

中にはとんでもない失敗があった。

今日で気づいてよかったと思うほかないか。

広告を非表示にする

残り物には福がある

本屋で県内の古本屋がひと棚ずつ出して、古本市をやっている。

出品されている古本のなかに、平凡社の中国古典文学全集が十数冊あった。

あった、と過去形にしているのはこれは三日前、19日の時点の話だからだ。

値段は安かったが、数も数だし、図書館にも蔵書されていたりするものも多いので少し悩んで、19日には何も買わなかった。

しかし、良いものはすぐになくなるので、と思い今日、再び本屋に行けば

すでに4冊しかない。

23儒林外史、31歴代詩選、32歴代随筆集、33戯曲集。

このうち、儒林外史は同じく平凡社の中国古典文学大系のほうで持っているので、残り3冊を買った。

1冊1000円の投げ売りで、19日よりも安くなっていた。

 

紅楼夢と官場現形記(清代の官制と老残遊記が併録)、児女英雄伝(鏡花縁が併録)は買っておけば良かった。

これも縁か。しかし成吉思汗実録のように20年以上たって再び手に入る縁もあるから、あきらめずに心に留めておこう。