読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通院

病院に行く。

消毒をした。

二、三日後に再度来いとの事。

広告を非表示にする

古事記上巻

古事記上巻を読んだ。

上巻は神代の話。いわゆる日本神話が書いてある。

鵜葦草葺不合命(うかやふきあへずのみこと)の生誕までだ。

実際には鵜葦草葺不合命が四柱の神を生み、そのうち1人は常世国に、1人は海原に亙っていったところまでだ。

鵜葦草葺不合命の子供には神倭伊波礼毘古命(かむやまといはれびこのみこと)つまり神武天皇がいる。彼は当然、中巻で大々的に扱われている。

海幸彦と山幸彦こと、火照命火遠理命の間には名前しか伝わらない火須勢理命や、造化三神天御中主神、そして三貴神月読命など名前しか出てこない神を、河合隼雄は「中空構造」と呼んだ。

書き下し部分を音読みしているが、なかなかに読みづらい。

広告を非表示にする

なかなかツラい

ようやく病院に行けた。

いまだに保険証が届かないので10割負担。

再びお尻。

ばいきんが入り、化膿したのだろう、と。

治療自体は前回と同じく、切開。

医師曰く、血しかでなかったので(三日ほど前の)出血で膿が出てしまったか、もっと深いところに膿が溜まっているか。

いずれにしても、また月曜日においで、と。

たまに数日してから膿がドバっと出ることもあるようだ。

薬局もあわせて1万円強。

思うに、皆保険制度なら免許証なり何なりで本人確認が取れたら、オンラインで処理できないものか。

実際、4月からだって保険には加入して保険料もとられているわけだし。

保険証が来るこないは、こっちの手落ちではないように思えるが。

 

他にも腹が立つことばかりだ。

3年ほどずっと買おうか買うまいか悩んでいた本がある。

内容は実は立ち読みですべて読んだ。

7割普通、2割は読んでいて不愉快になる、1割はそこだけ手元に置いておきたいほど素晴らしい。

3年間では文庫化されなかったのと、1500円くらいだから、とうとう買ってしまった。

現在読んでいるが、2割が3割くらいにはなっている。

結局1割以外はどうしようもない。

1割がよければ良いような気もするし、そうでもない気もするし。

広告を非表示にする

ステキなまえ

この2週間体調がわるい。

痔が再発している。

昨日は流血して、クッションをダメにした。

 

今日はそんな日々の憂さを、一瞬忘れるほど素敵なことがあった。

ある薬屋の店員さん。

名前がすごかった。ここに書きたいがなんぼ何でもモロに個人情報だから。

 

まず読みが平仮名(片仮名でもいいけど)のある行を制覇している。

英語読み(名+氏)にすると行の順番までも完全制覇している。

 

名札か住民票を写真に撮りたい。

薬指に指輪をしていた。これがダミーの可能性も婿をとった可能性もあるが、そうでないなら、よくぞこの名字の男性と結婚してくれたものだ。

夫さんにも感謝したい。

 

名札をみてからずっとこの人のこと(ってかこの人の名前)を考えている。

恋かしらむ?

広告を非表示にする

不如一黙

何もしてないのに気疲ればかりする。

いや、体力は間違いなく削られている。

広告を非表示にする

冥婚

屍憶を観た。冥婚がテーマ。

微妙にわからないところが残るが佳作。

恐いから、ものを考えながらみていた。

それは四谷怪談や呪怨などの和製ホラー(怪談)は、話の構成はともかくヴィジュアルはまんま中国のイメージだったんだな。

屍憶は呪怨のプロデューサーが参加しているが。

冥婚というと深田恭子主演のやつも見直そうかな。

 

いいニュースはほとんどない。

大臣が

(観光にとって)学芸員がガンだ

とか言ってみたり。

聖剣伝説コレクションがニンテンドースイッチで出るのは、いいことなのか、そうでないのか。ターゲット世代としては嬉しいことは嬉しいが。なにより1が白黒のGB版だし。

 

やたらと疲れる。体調も良くない。

広告を非表示にする